診療案内

循環器内科

循環器内科として診療する病気は、狭心症、心筋梗塞、不整脈 (脈が速くなる、脈が遅くなる、脈がとぶ)、弁膜症、心不全、高血圧など多岐にわたります。胸が痛い、胸が重苦しい、息切れ、足のむくみ、動悸、脈がとぶ、脈が遅い、気を失いそうになるなどの症状は循環器疾患の可能性がありますので検査が必要です。

 

当院では心電図、レントゲン検査のほか、24時間ホルター心電図、心エコーなどを行って循環器疾患の早期発見および的確な治療を行うよう努めています。心筋梗塞や心不全など緊急を要する病気である場合には、速やかに専門病院に紹介いたします。

一方、高血圧は日本で最も患者数が多い病気で、推計4300万人とされていますが、無症状のため放置されることが多い病気です。高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれ、脳や心臓の血管の動脈硬化を悪化させるだけでなく、腎臓も悪化させてしまうため、命に関わる病気を引き起こすこともある決して侮れない病気です。当院では患者さん一人一人を診察したうえで、あらゆる種類の薬を使い分け、血圧値に応じて量を調整しながら、丁寧かつ細やかな高血圧治療に努めています。

 

血圧が気になる方、胸の症状が気になる方、循環器の病気で入院治療が終わって外来通院が必要な方、健康診断などで血圧や心臓の異常を指摘された方は、どうぞお気軽にご相談ください。

一般内科

当院ではカゼなどの一般内科診療も行いますが、生活習慣に由来する糖尿病や脂質異常症(コレステロールや中性脂肪の異常)、慢性腎臓病などの慢性疾患を新しい知識に基づいて診療を行うよう努めています。

この他、スパイロメータによる肺年齢データに基づいた慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息などの診療、片頭痛など頭痛の診療、外来で実施可能な携帯型の終夜睡眠ポリグラフィーによる睡眠時無呼吸症候群の診療、骨塩定量に基づく骨粗しょう症の診療、花粉症の診療など多岐にわたって行っています。

その他の診療

▶在宅医療

通院が難しい患者さんには、在宅医療を行っています。

定期的かつ計画的に訪問し、診療、治療、処方、療養上の相談等を行う訪問診療、状態悪化時に対応する往診を行っています。まずはご相談ください。

 

 

▶健康診断

特定健診(メタボ健診)、後期高齢者健診、肺がん検診、大腸がん検診、原爆健診、被爆二世健診などを行っています。詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

 

▶禁煙外来

喫煙は、肺がんをはじめ咽頭、喉頭、食道、胃、肝臓、膵臓、膀胱のがんにも関わっています。がん以外では慢性閉塞性肺疾患(COPD)となる危険性を高め、さらに動脈硬化も悪化させ、心筋梗塞、脳卒中となる危険性を高めます。また、タバコを吸わないあなたの周りの人も、受動喫煙により肺がんとなる危険性が高まってしまいます。

当院では内服タイプの禁煙補助薬を用いて、保険が適応される禁煙外来を行っています。禁煙したいと思っている方はご相談ください。

 

 

▶保険外診療

男性型脱毛症(AGA)に対して、治療薬であるザガーロ、プロペシアなどを処方しています。

EDに対して、治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなどを処方しています。

 

 

▶予防接種

インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンなどの各種予防接種も行っていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。