診療設備

心エコー検査

 

主に心臓の形に異常がないか、心臓の働きに異常がないかなどを観察します。

心臓は血液を全身に送り出すために絶えず拍動していますが、その動いている状態をそのまま観察できるとても有用な検査です。超音波による検査なので無侵襲で痛みもありません。心房や心室の大きさ、壁の厚さ、壁の動き、弁の形態や動きなどを観察することができ、心臓の基本的な機能を評価することができます。

健診で心雑音や心電図異常を指摘された方は、心エコー検査をお勧めします。

 


ホルター心電図

ホルター心電図とは、小型の心電図装置を24時間身につけて、日常生活中の長時間の心電図を記録して解析する検査です。

通常の心電図検査は安静にして短時間で行う検査ですが、検査中は不整脈が出ずに記録されないことがよくあります。ホルター心電図は長時間記録し続けることができるため、実生活(安静時だけでなく動いているときにも)でどのような不整脈がでているのか診断するうえで大いに役立ちます。小型(約6 x 6 cm)で軽量(約80 g)なので、身につけても邪魔にならず、普段と同じような生活をしてもらいながら記録することができます。

長時間心電図を記録することで、不整脈の発作、心拍の異常、虚血性心疾患(狭心症など)があるかどうか調べることができます。

 

・脈の乱れ、動悸、脈が遅い、胸が痛い等の症状がある。

・胸の痛みや動悸があって病院で心電図検査をしたが、異常なしと言われた。

・健康診断の心電図検査で精密検査を受けるように言われた。

 

上記でお困りの方は、ホルター心電図検査をお勧めします。

 


心電図

 

心臓が拍動するための微弱な電気信号を波形として記録し、その波形から心臓の状態を把握する検査です。電気信号の状態をみて、心臓に不調はないかをチェックできます。検査時間は5分程度で終了します。心筋梗塞や狭心症、心臓の筋肉の病気(心筋症など)、心臓が拍動するリズムの乱れ(不整脈)がないか、甲状腺機能障害や電解質(カリウムなど)が心臓に影響を及ぼしていないかなどをチェックします。


レントゲン検査

 

X線を使って体内を撮影する検査で、体を透過したX線を画像にします。骨や水分などは白く写り、肺などの空気が多い部分は黒く写ります。幅広い病気を診断する際に行われる画像検査です。


肺機能検査

呼吸器の機能を測定して肺の換気機能を調べる検査です。

呼吸により肺から出入りする空気の量を測って、肺の容積や気道が狭くなっていないかなどをチェックします。計測値によって慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、肺線維症などの病気を調べることができ、肺年齢もチェックすることができます。


頸動脈エコー検査

 頸動脈エコー検査は全身の動脈硬化の指標となり、首の動脈の狭窄や閉塞、あるいは脳の血管を詰まらせる危険がある血管病変を発見するのに役立つ検査です。超音波検査なので無侵襲で痛みもありませんし、甲状腺も観察することができます。動脈硬化を悪化させる高血圧、糖尿病、脂質異常症とも密接に関係しており、そのような方は頸動脈エコー検査をお勧めします。


簡易ポリソムノグラフィー検査

小型の機械を装着して家で一晩寝るだけで、睡眠中の呼吸の状態、酸素飽和度、脈拍数などの情報が得られ、睡眠時無呼吸症候群の診断に役立ちます。

いびき、睡眠中に呼吸が止まっていると言われた方や、熟睡感がない、昼間に眠いなどの症状がある方は睡眠時無呼吸の可能性があるので、この検査をお勧めします。


骨塩定量

手の骨塩量を測定する検査で、骨粗しょう症の診断に役立ちます。

特に女性は更年期(閉経)をむかえると、エストロゲンといった骨を維持する女性ホルモンが低下して骨密度が減少します。骨粗しょう症の治療をすることで、骨折の予防を高めることができます。